横浜建設一般労働組合 鶴見支部 ―建設横浜 鶴見支部はみなさんの健康・暮らし・仕事を守ります―


サイト内検索
AND OR

 
 
 
SITE CONTENTS
ホーム
建設横浜 鶴見支部とは
健康(建設国保)
仕事(労災・仕事確保など)
暮らし(各種共済や退職金など)
加入者の声
加入申込
トピックス
サイトマップ
リンク
メール
ホーム
横浜建設一般労働組合
鶴見支部
〒230-0072
横浜市鶴見区梶山1-7-1
TEL : 045-572-1053(代)
FAX : 045-583-6025
 
加入者の声
 

「入ってよかった東部建設!」

 

柴田さんの写真建設国保で大病の困難を克服できた

建築大工 柴田 春夫さん

10年前、突然脳腫瘍が発見され混乱しました。すぐに入院、そして10時間以上の大手術。入院2ヶ月、療養2ヶ月で、4ヶ月間仕事を離れました。幸いにも、10割給付の建設国保に加入していたので、入院費、手術費は無料。他にはない傷病手当まで支給され、ありがたかったですね。

佐久間さんの写真じん肺が労災として認められた

元建設会社社員 佐久間 芳平さん

2年前にじん肺と診断されました。70年代にアスベストの吹付けや、巻き付け、解体の作業をしていたので、そのせいだと思われます。アスベストとの因果関係の判断が難しいとされ、通常、労災認定がなかなかとれないところ、組合が積極的に動いてくれたおかげで、労災の認定をとることができました。

二宮さんの写真下請代金不払いの憂き目を解決

配管業 二宮 和榮さん

ある二次下請工事で、請負会社が倒産し、工事費の1300万円が不払いに。発注元に支払いを求めても、すでに請負会社に支払っており「二重払いは不可能」の返答。らちがあかず、組合に相談したところ、不払いを解決したうえに、発注元の下請工事をうちが請け負うことになりました。

柴山さんの写真現場の事故も労災保険で安心

造園業 芝山 隆義さん

3年前にチェーンソーで左腕にケガをして10針縫い、2年前にも同様のケガをしました。さらに、去年はかかとの骨にひびが入るという災難が。しかし、労災保険に加入していたので、治療費はタダ、休業補償も出ました。仕事柄、注意を怠るとケガにつながるので、労災保険の加入は必要ですね。